So-net無料ブログ作成

スウォッチのビル、見学


10日ぶりに銀座へ打ち合せにいってきました。

その帰り、きょうオーブンした坂茂さん設計のビルに立ち寄ってきました。
毎日、新聞でオープンまであと何日とカウントダウンしていたスウォッチのビル、正式にはニコラス.G.ハイエックセンターという建物です。
建物は3月下旬には出来上がっていたのですが、内装工事などに2か月間要していたということでしょう。
ビル全体は14階建ての建物なのですが、銀座中央通り側のファサードは3層ごとに区切られて4つの大開口はそれぞれが巨大なシャッターで開閉するのです。きょうは快晴、シャッターも全開でした。
そしてそのシャッター内側の吹き抜け空間の壁面にはいろいろな植物によって緑化されています。たしかにこの緑化だけでもかなりの時間がかかったことでしょう。
1階部分は完全にピロティ空間として開放されていて自由に通り抜けられます。
そしてそこにはいくつかの各階へ直行する、ガラスボックスがむきだしになった昇降路のない油圧エレベーターがショーケースのように配置されていて、そのエレベーターのなかには時計などが飾られたガラスショーケースが置かれているのです。
地下のスウォッチの売り場へ行くエレベーターには数百個のスウォッチがすだれのようにディスプレーされていたのには驚きました。
時間もなかったのでゆっくり見てこれなかったのですが、またこんど行った時にゆっくり見てこようとおもいます。
それにしても先日のノマディック美術館といい、今回のビルといい、坂さんの新しい発想と、それを実現してしまうパワーには敬服させられてしまいます。
そうそう、第2ポンピドーセンターの担当でパリで頑張っている友人のアンさんに写真送ってあげましょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。