So-net無料ブログ作成
検索選択

飛行機は待ってくれないね!

200810151400000.jpg
きょうは敷地調査と役所との打ち合せのために輪島へ出張です。

10時15分発の能登行きの飛行機だったので9時半に羽田第二のロビーでS.UのSさん、Iさんと合流の予定でした。
30分は余裕を持って行こうと7時過ぎに家を出て、ふじみ野駅から電車に乗ったまではよかったのですが、隣の鶴瀬駅に到着すると、ときわ台駅近くの踏み切りで人身事故がり、しばらく運転をみあわせるというアナウンス。
まあ、20~30分もうれば運転開始するだろうとおもっていたのですが、40分たっても50分たっても運転が再開されません。

結局運転再開されたのが1時間後、それからもノロノロ運転で結局池袋に着いたのが9時15分。
なんと、通常は30分ほどでいけるところを1時間55分もかかってしまいました。
池袋から50分で羽田までいけるのか、、、、。

早速遅れる旨、Sさんに伝えるため電話をしたのですが留守電になりつながりません。
ネットの乗り換え案内によると、埼京線で大崎へ行き、山手に乗り換え品川で京急線で京急蒲田へ、そこで空港線で羽田空港駅には10時8分に到着とのこと。
数分だったら待ってくれるということもあると聞いたことがあります。
とりあえず、いくだけ行ってみることに、、、。
その間にもSさんに電話をかけているのですが留守電になってしまいます。困った、困った~。

京急羽田駅に着いたところで事務所のY君から電話があり、Sさんは携帯を忘れてきてしまったのでIさんへ電話をするようにとのこと。
早速そのIさんの番号へ電話をしたところ、飛行機は10時5分で搭乗を締め切ってしまうので午後便でくるようにとのことでした。
ぼくが羽田へ着いたのは10時8分、、、。
飛行機が搭乗口から離れていくじかんだったんでしょうかね~、、、。
これが国際線での旅行のときとかだったらどうなるのでしょうか?
考えただけでゾッ~とします。

Sさんが午後便へ変更してくれていたので、午後便のチケットをもらいにチケットカウンターへ。
午後便は14時15分。約3時間もあります。
そこで近くに住むfに電話をして、昼食を付き合ってもらいました。

今度は早めに搭乗手続きを済ませて、搭乗口へスタンバイです。
すると、搭乗口周辺にお相撲さんがたくさんいます。ざっと30人あまり。
聞くところによると、明日輪島で相撲の地方巡業があるとのこと、相撲はそれほど詳しくありませんがバルトをはじめ見慣れた顔がたくさんありました。
有名力士と同じ飛行機になるうれしさの反面、ちょっと待って、、、こんなに大勢の力士が乗って飛行機は大丈夫なの~?
ちゃんとバランス考えて座席に座ってくださいね~。

飛行機は定刻に羽田を離陸。
早くチェックインしたのでボクは窓際席です。天気もよく眺めは最高。
羽田を出て、大きく右へ旋回、世田谷、三鷹上空を経て、西武ドーム上空を通過。ふじみ野の高層マンションもちゃんとみえました。
それから、秩父の十石峠付近を経て佐久、上田、長野市、糸魚川を経て富山湾へ。
途中、伊東豊雄さんの大田東部休暇村や長野市のMウエーブもみえました。
地理部出身のボクは地形でほぼ場所を特定できます。

能登空港には東の富山湾から進入して着陸です。
羽田から正味35分のフライト、やっぱり飛行機ははや~い。

空港には市役所商工課のTさんが迎えに来てくださいました。
それから文化会館の会議室でSさん、Iさんと合流することができました。

5時過ぎに会議を終えて、6時前には宿へ。
途中の海土町の漁港は日本一漁船密度の高い港なのだそうです。
うん~ん確かにスゴイ密度、ベトナムのハロン湾もすごかったけれど、こっちもかなりスゴイことになってます。

初めての輪島は素朴でとってもいい印象です。

200810151721000.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。