So-net無料ブログ作成
検索選択

夏の空!?


きょうで5月もおしまい。前半はゴールデンウィーク事務所旅行であっという間に過ぎて、後半はたまった設計作業と工事費の調整などをしていたらいつの間にか31日になっていました。

きょうは午後一番でさいたま市まで打ち合せに行ってきました。
我が事務所からさいたま市の大宮へ行くのには、荒川に架かる治水橋を渡っていくことになるのですが、この荒川によって行政的にも県南部と県西部とわかれていて、この橋を渡って行くことは他県に行く感覚になってしまいます。
その治水橋からの四方の眺めはなかなかのもので、東はさいたま副都心ビル群、南には池袋サンシャインビルから新宿高層ビル群がよくみえます。そして西には秩父連山、北には榛名山、赤城山が一望できるのです。
きょうの空は夏のような雲と青空、地平線に向かって一直線にのびた長い橋はとても気持ちのいいものでした。
広大な水田の中から眺める近くの高層ビル群は、日本ではないような気にもさせられてしまいそいな風景。
アメリカのボストンなど東海岸の都市もこんな感じだったような記憶があります。
きょうの打ち合せもアメリカンバイクのショールームの打ち合せだったので、なんかピッタリのシチュエーションでした!ナンチャッテ〜。
橋の上からの眺めを満喫し、気分よく初めての打ち合せに臨むことができました。
その結果、クライアントにもよろこんでいただきよかったです。

明日からは6月、5月にやり残したことをまずは挽回しなくてはですね。
日曜日の黒部以来、不規則になっていた早朝ジョギングも明日からは通常モードに戻します.






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

甦るライダー魂?!


このところオートバイショールームのリノベーションのデザインのお手伝いをさせていただいていて、バイクの寸法などを碓認するためにカタログをじっくり見る機会が多くなっています。
ついつい、細かいスペックまで見入ってしまい、しばらく眠っていたライダー魂がよみがえってきてしまいました。
ぼくはずーっとオフロード専門で各地の林道を走っていました。ところが数年前我が家の玄関に置いておいておいたバイクが盗難にあってしまったのです。
恐らく、もうとっくに東南アジアで走っていることでしょう。
カスタムバイクでは有名なWHITEで改造してもらったビッグタンクでスペシャルペイントのXLRに乗っていたのですが、その盗難事件以来いろいろな事情でバイクからは離れてしまっています。
いま、仕事をしながら、いろいろなバイクのカタログを見ていると、オフロード以外のバイクの魅力もひしひしと感じます。
でもやっぱりぼくはオフロード派かな、一人で林道を攻めるのが好きです。
オフロードバイクの面白いところであり初心者に辛いのは、走っててすぐにその人の腕がわかってしまうところ。
だから、常に腕を磨いていないといけない。もっと言えばじょじょにリスクをしょってコーナーを攻める練習をしないと上達しないというところです。
転倒や転落のリスクをしょわないと絶対林道は早く走れないんですよね。
そして山に入り、林道が2つに別れていると、大変なのは承知でより厳しそうな道をチョイスしていく面白さ?。
でも満足のできる走りを出来た時の達成感はなにものにも変えがたいものなのです。
なんか、それってぼくの人生観に近いような気もします。危険思想ですかね?(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

楽しかったかな?BARの課題


きょうは授業の日。
9時半に家を出て、いつものように途中のコンビニでおにぎりを調達して大学へ向かいました。
きょうは狭小住宅即日設計です。課題をスタートするまえにぼくの設計したいくつかの狭小住宅のスライドをパワーポイントでみてもらいながら、狭小住宅の設計のポイントを解説しました。
狭小住宅は、視線の抜け、階段のレイアウト、外部空間をいかに内部に取り込むかがポイント。
30平方メールの敷地に極小な住宅を設計するのはかなり難しい作業のようで、みんなエスキースから苦しんでたようです。小さい住宅をなめてはいけません。
学生が課題の設計を進めている間に、宿題できょう提出された「カップルのためのBAR」の成果物をチェックしました。
こちらはかなりいろいろなBARのバリエーションがあり、学生たちも楽しみながらやってくれたのが伝わってきます。飲食店、とくにお酒を飲む店は設計者も楽しみながらやらなかったら客も楽しめる空間にはならないのです。
ただ、よくよく考えたら20歳そこそこの学生ではBARに行った経験がある学生は少ないということなのでしょうか、いまいちリアリティに欠ける提案もみうけられました。まあ、無理もありません。

4時限目が終わり、「狭小住宅」の即日設計課題の図面を提出してもらい授業終了、それから採点です。
やはりむずかしい課題であったのか、3分の1くらいの学生が未完で再提出、完成させて提出した学生の図面もいまいち密度が甘かったようです。
来週も住宅系の課題を予定しているのですが、むずかしくならないように、もう一度内容を検討してみることにしましょう。

昼休み、階段で久々にジムとばったり会いました。聞くところによると後期はK大学の非常勤に行くことになったとのこと、さすがハーバードはすごい!
久々週末に会う約束をしてきました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

特別養護老人ホームの昼食

きょうは理事をしている社会福祉法人の理事会が11時半よりあって、出席してきました。
議事に先立ち、理事長の発案で、きょうは老人ホームで出されている昼食とおなじメニューの食事をごちそうになってきました。
理事それぞれが、そこで出されている食事内容を知ることもたいせつなこと。
理事長いわく、メタボリック症候群に悩まされている中年男性にもふさわしい内容なのだそうです。まあ、ぼくにはあまり関係ないこととおもっていましたが、、、。
おかずは焼き魚、ごまだれのとうふ、ひき肉とジャガイモの煮物、そしてお味噌汁、デザートにメロンという内容です。
脂っこいものは一切なく、味付けも薄味でいつもの食事からすると塩味が足りないきがしますが、これが健康的な塩味なのだそうです。
いかにいつも塩辛く、脂っこい食事をとっているかを痛感してしまいました。
そして日常は食事のあとにはビールを飲みながらチーズやサラミを食べてしまうのです。
これでは、どんなに運動しても体には脂肪はたまって、血液の成分は悪玉が増えてしまうのでしょう。
さっそく帰って最近計ってなかった体脂肪率を計ってみたところ、体脂肪率は23.5パーセント、BMIは20.7でした。結果、隠れ肥満とでてしまいました。
体脂肪率は10パーセント台が目標です。
運動だけではなく食事にも気を使わなくてはいけないな〜と改めて感じた有意義な昼食会でした。


満足!黒部名水ロードレース


今朝は5時半起床。さっそくランニングウエアに着替えて6時半にチェックアウトです。
魚津から会場の黒部までは国道8号で10キロほど。先月、黒部のホテルを探したのですがすべて満室だったのです。
黒部市に入るとさすがにYKKの工場などの案内板が目につきます。
大会の駐車場もYKKの駐車場でした。案内に沿っていってみるとYKKの巨大な工場が立ち並んでいる一角。
またその工場のデザインセンスがまたかっこいいー、どなたのデザインなんでしょうね。
そして駐車場から会場への送迎シャトルバスもYKKのバス。
いやー黒部市はYKKでもっているんですかね。
総合運動公園という総合体育施設も大きな体育館、屋内プール、グランドも超立派。
人口43000人という市にはめずらしい大きさにおもえます。さすがに大企業の落とす税金が多いと言うことなのでしょうか。
驚いたのは、このような大会では必ず仮設トイレが用意され、順番待ちをさせられるのが常なのですが、黒部は、もともとの施設のトイレで十分対応できているのです。
レース参加者へのホスピタリティも充実していて、整体師のボランティアでマッサージコーナーがあり、ぼくもレースまえの時間にマッサージを受けることができました。
そのほか、マス寿司、蟹汁のサービス。宇奈月温泉の入浴券、屋内プール利用券などなど、、、。
街をあげての来場者を迎える、おおきなイベントであることを感じます。
そうそう、あの小出監督もいました。
また、開会式によくあるイベントでエアロビがあるのですが黒部ではほとんどの参加選手がエアロビのおねえさんと一緒になってエキササイズしているのです。素直な市民のかたがたなんですね〜。
ぼくもつられて楽しくやってしまいました(笑)

レースは立山連峰をみながら、たんぼの中あり、商店街のなかあり、日本海をのぞむ海岸ありの変化に富んだコースでしたが、記録は51分と50分を切れなかったのがこころのこり。
次回、がんばります。

11時半にはレースは終えて、12時半には黒部を出発。
いくつか建築も見ようかともおもっていたのですが、あしたのことを考えると早めにかえらなくてはということに。
帰りはコースを変えて新潟経由で帰ることにしました。
北陸道はがらがらに空いていて、日本海を見ながらいい音楽をききながら最高のドライブです。
途中、柏崎を通過。
昔みんなで海水浴に来た思いでがあります。あのころは身もこころもボロボロだったな〜なんて(笑)
越後川口SAでワンストップ給油。10数台のポルシェ911とケイマンの集団と遭遇、ぼくは先に給油を済ませて本線復帰走行していたら後方からその一団が、、、。
この際と最後尾から超高速クルージングの追従をさせてもらいました。
そのかいあってか、我が家には4時に帰宅。400キロあまりを3時間半で帰ってこれました。
この2日間、とても贅沢な旅をさせてもらった気がします。
こんなこと何年ぶりだったでしょうか。好きなクルマで、好きな音楽を聴きながら、遠い知らない街を訪ねるなんて最高の贅沢。感謝です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

途中、千曲市のオープンハウスへ

きょうは快晴、絶好のドライブ日和。オープンエアー日和!
夕べの片付けをざっとして、ランニングウエアーと着替えをデイバッグに詰め込んで富山県魚津目指して、いざしゅっぱ〜つ!
ちょうどタイミングよく、直井君の事務所の「千曲のいえ」のオープンハウスがあり、途中更埴ICで高速をおりて立ち寄ってきました。
真っ白な外観、横長の開口部がコルビジェっぽい感じ。
道路側の1階がRC造であとは木造という混構造です。若夫婦とお母さんのすまいとか、各部屋が外に開かれたなかなか気持ちのいい住宅に仕上がっていました。
衛生機器もいろいろと凝っていて勉強になります。

3時半過ぎに更埴を出発、まだやっと半分の地点です。
上越を経て北陸道へはクルマも少なく順調に走れました。途中、きゅうに後方に迫りくる白いクルマ!「来た,来た!」覆面さんのおでましです。
即、シフトダウンで減速走行車線へ。先方はあきらめきれない様子でしばらく2台後方に隠れて次のチャンスを狙っている様子。
そう簡単には、、、こちらもいきません。そのまま走っていたらどうやら諦めたらしく、すごいスピードで追い越していきました。ヘヘッ!
数分走っていたら、後から勢いよく追い越していったバイクがその覆面に捕まっていました。かわいそうに、、、。

きょうの宿泊は魚津のホテル、どんな街かとおもいきや、かなり閑散とした駅前です。
早速チェックインを済ませて、街へ夕食に出掛けました。
折角なので新鮮な海の幸でもとおもい、ひっそりとした?歓楽街で店を探したのですがなかなか一人では入りにくい感じ。
やっとカウンター席のある地魚料理の店があったので入って刺身を食べてきました。
味?味音痴のぼくにはいまいちその新鮮さがわかりませんでしたが、、、。
ホテルに戻ってまたビールを飲んでいたらけっこう酔ってしまいました。一人でのむと酔いが早いのはなぜでしょう?
あしたは早起きなので9時過ぎに寝ることにします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ツアー打ち上げ!

きょうは夜、我が家で先月のスタジオツアーの打ち上げをやりました。
久しぶりに10人以上の来客となるので、準備もそれなりに大変です。
ぼくは会場?となるホールの片付けやら掃除やら、、、。スタッフは買い出しやら連絡、送迎やら、、。
ぼくは先週末、ホームセンターで買って来たバーベキューコンロを使ってテラスでバーベキューという想定だったのですが、あいにく朝から強い雨。
スタッフに「きょうの屋外バーべキューはむりですよ〜」と諭されたのですが、どうしてもぼくはあきらめきれず、軒下にコンロをセットして決行することに。
7時には名シェフFの作ってくれたシーフードたっぷりのパエリアとポテトグラタンも完成して打ち上げスタートです。
結局今夜も、社会人、学生そしてわがスタッフをいれて総勢16人、またまた、わいわい盛り上がってしまいました。
「宴、タカナワプリンスではございますが、、、」終電のこともあり、11時すぎにはお開きに。
みんなが引き上げ、それまで盛り上っていた場が急にしずかーになってしまうのは、まさに祭りのあとの淋しさを痛感する時間でもあります。一人でかた付けをするのは慣れましたが、、、いろいろなものを感じる時間。
それでまたきっと楽しいパーティをを企画してしまうんですよね。
楽しく盛り上がれるからそのあとの淋しさも感じる、淋しいから盛り上がることを企画するのでしょうか?
まあ淋しい時間は楽しい時間を人一倍楽しめる隠し味のようなものかもしれません。

幸せと不幸せもそれに似ているかも。
幸せだけの人生は幸せをちゃんと感じない、だから本当は幸せじゃない。
たまに不幸せがあるから本当の幸せを感じるということなのかも。
人生ってうまくできているんだなーっておもいます。
不幸せを体験した人は、それと反比例して本当の幸せを感じられるということになる。
そうおもうと、たまには不幸せもどーんと来いっていう感じになりませんか?
ちなみに、ぼくは幸せ待ちの番ですが、、、。(笑)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

スウォッチのビル、見学


10日ぶりに銀座へ打ち合せにいってきました。

その帰り、きょうオーブンした坂茂さん設計のビルに立ち寄ってきました。
毎日、新聞でオープンまであと何日とカウントダウンしていたスウォッチのビル、正式にはニコラス.G.ハイエックセンターという建物です。
建物は3月下旬には出来上がっていたのですが、内装工事などに2か月間要していたということでしょう。
ビル全体は14階建ての建物なのですが、銀座中央通り側のファサードは3層ごとに区切られて4つの大開口はそれぞれが巨大なシャッターで開閉するのです。きょうは快晴、シャッターも全開でした。
そしてそのシャッター内側の吹き抜け空間の壁面にはいろいろな植物によって緑化されています。たしかにこの緑化だけでもかなりの時間がかかったことでしょう。
1階部分は完全にピロティ空間として開放されていて自由に通り抜けられます。
そしてそこにはいくつかの各階へ直行する、ガラスボックスがむきだしになった昇降路のない油圧エレベーターがショーケースのように配置されていて、そのエレベーターのなかには時計などが飾られたガラスショーケースが置かれているのです。
地下のスウォッチの売り場へ行くエレベーターには数百個のスウォッチがすだれのようにディスプレーされていたのには驚きました。
時間もなかったのでゆっくり見てこれなかったのですが、またこんど行った時にゆっくり見てこようとおもいます。
それにしても先日のノマディック美術館といい、今回のビルといい、坂さんの新しい発想と、それを実現してしまうパワーには敬服させられてしまいます。
そうそう、第2ポンピドーセンターの担当でパリで頑張っている友人のアンさんに写真送ってあげましょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:moblog

町会の班長

ことしの4月からの1年間、順番で町会の班長の役を仰せつかって?しまいました。
うちの班は7軒からなるので7年に1回、その役が回ってくることになるわけです。
前回の7年前は母がまだ健在だったので、その役を母がやってくれていたのですが今回はぼくがやらなくてはなりません。
これがけっこう大変なのです。毎月月末に町内会の1泊旅行の積立金の集金があります。
ぼくはその旅行には行ったことはないのですが、集金は班長さんの役目ということ、、、。
定期的な班長会議もあります。
そしてきょうは、前期町会費と日本赤十字社の半強制的な寄付金の集金でした。
幸いきょうはどちらのお宅もいらっしゃったのでよかったのですが、留守のときはまた日を改めて集金に行かなければなりません。
正直、朝から夜9時過ぎまで仕事をしている身には少々負担に感じてしまいます。
なんか、よい方法はないものでしょうかね。
近所付き合いを否定するつもりはまったくありませんが、省力化、合理化できるものはしていかないといけないようにおもいます。
仕事では大胆な行動も辞さない自分ですが、意外にも地域の会合で発言する勇気は持ち合わせていない小心者なのですね(笑)


久しぶりにアトリエ77へ


きょうは授業の日ですが、明日が建築設計の課題提出の日なので午前中だけにして、午後は建築設計の課題に集中してもらうことにしました。
先週のカフェの課題と先先週のダイニングキッチンの課題の講評から。
表参道に面したカフェの課題は、なかなかユニークな提案があり面白かったですね。
最後に来週までの宿題の「カップルのためのBAR」という課題を実際の設計ポイントを交えながら解説しました。
滞留時間の長い「カップルのためのBAR」で大切なことは「いかに間をもたせるか」「いかに沈黙を気持ち良く過ごせるか」ということ。そのためには、水とか魚とか、植物とか音楽とか、、、なんだかのテーマが必要なのです。
具体的な客席のレイアウトバリエーションやパウダールーム的なトイレについてのレクチャーをしてきょうはおしまい。
帰りは夏のような強い日差しだったので、あえてオープンにして太陽を浴びながら帰ってきました。
こころの太陽光充電?!

早く帰れたので午後は急遽、世田谷のアトリエ77のIさん宅へスタッフのH共々、おじゃまして来ました。
ぼくは昨年の暮れ以来でしょうか。
元クライアントであり、我が事務所の最強力サポーターであるIさんに、ルーキーのHをまだ紹介していなかったのです。きょうはそのHの紹介とHPのリニューアルについての打ち合せをさせていただきました。
我が事務所のHPはスタート当初からすべてIさんにおんぶにだっこ、お世話になりっぱなしです。
事務所にパソコンがない時代から、Iさんのお陰で我が事務所HPが存在していたのです。
きっとそんな恵まれた事務所なんて他になかったでしょうね。当時はHPを通じてメッセ−ジが届くと、それをプリントしていただき、我が事務所にファックスが流れてくると言う仕組み。
いや〜お手数かけっぱなしで恐縮です。
HPをリニューアルしますが今後ともよろしくお願いいたします。

そしていつものクルマの話。3日前にクルマをかえたとのこと、今度は特別仕様のPTクルーザーとのこと。
やはりエンスーのIさんは個性的なクルマでないと我慢できない様子、やっぱりぼくも一緒ですね!(笑)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。