So-net無料ブログ作成
検索選択

初日のクローズド・ノート

夕べは、大学での作業もなんとか終わり小雨のなか帰途につきました。
結局F1日本GPの予選もオンタイムで見られるとおもっていたので録画もしてないし~、まっすぐ帰っても今日は「エンタの神様」もないんだ~と帰りの車中いろいろ思案。

そうそう、きょうから映画クローズド・ノート」をやっている。急遽、見にいくことに決定!
ということで帰りがけ、家の近くのワーナーマイカル大井に行ってみました。
8時10分到着、チケット売り場に行ったらなんと8時20分からの上映です。ラッキー

結論から言うと、最高にいい映画でした。ホントです!
大の竹内結子ファンぼくは、内容はどうあれ必ず竹内の出演する映画は見るようにしていますが、その中では一番よかった気がします。
しかも、今回の映画は沢尻エリカの共演と聞いたひにゃ~、できるだけ早く見に行かなければならないとおもっていたのです(笑)
竹内結子がなぜ良いのか!?という話はなが~くなるので置いておいて、沢尻エリカはテレビでの「1リットルの涙」を見て好感をもちました。
多分、事実をもとにしたドラマの内容がよかったということもあるのですが、余命いくばくもない悲劇の主人公を好演していたことによるものでしょう。
それ以来、ぼくは沢尻の密かなファンなのです。(性格はおいといて、、、。)
今回の映画でも純粋な女子大生という役。
最近メディアに露出している派手キャラとは正反対というところがまたいいのですね~。ぼくは化粧の薄いスクリーン上の沢尻ファンです!ナンチッテー!

詳しい内容に関しては、あえて書きませんがこの映画でいろいろなことを考えさせられ、感じさせられたきがします。
ひとりの女性小学校教師の日記が、人に感動をあたえ、人に勇気を与え、人を強くするということ。
そして、人との出逢いの大切さ、人を愛することの素晴らしさを教えてくれています。
涙こそなかったですが、久しぶりにこの映画は、ぼくのこころに響きました。

そういえばブログも日記みたいなもの~?。
オープンド・ノートといったところでしょうかね?
ぼくも何人かのブログから元気をいただいています。

残念ながら「いさおのブログ」はまだまだ人に笑い?は与えられても、元気を与えるには至っておりませんが~(苦笑)
日々、精進させていただきます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

工学部連合育成会の大会準備


きょうは朝8時半すぎに家を出て大学へむかいました。
9時半から工学部連合育成会の大会準備作業があるのです。
授業のときは、こんなに早い時間から大学へ向かうことはないので、なんか変な感じ。

集合場所の1号館の教室に行くと、アルバイトでかり出された学生が20人以上がすでに集合しています。
こりゃあ、かなりの作業なんだろうな~とうすうす感じつつ、まとめ役のM先生から今日やるべき作業の説明を受けたのです。
それを聞いてびっくり!
11月に行われる連合育成会の大会の案内などをOB宛てに封入、送付準備の作業なのですが、その数が約25000個。
その内、ぼくの担当の建築学科OBの5300人は封入印刷物の種類が9種類もあるのです。
学生アルバイト5人をわが建築グループに貸していただき、作業開始。

まずは封筒に名前シールとメール便のシール貼りから。
午前中はその作業で終わってしまいました。
この調子で行くと、夜8時過ぎになってしまいそう、、、3時からのF1日本GP予選までには帰れるかな~などといった淡い期待はすぐに取り消されてしまいました。

9種類の封入印刷物を人が順番にとって歩き最後に封入作業の人に渡すという単純作業。
その作業は印刷物の周りをグルグルまわり、お百度参り状態。いやいやひとり千回参りくらいになるのでしょうか、、、。
日常ではこれほどの数の印刷物の発送をしたことがないので、改めてこの作業の大変さを身をもって感じました。
仕事では店舗デザインもしていますが、きっと、店舗オープンの案内状の発送などもたいへんなんでしょうね~、、、。
リンクルーのスタッフのみなさんのご苦労が少しわかったきがします。

作業はいたって単純なのですが、学生達のたわいもない雑談をききながらの作業は意外と退屈しませんでした。
テレビでのお笑いの話やアイドルの話、などなど、、、ぼくもその会話にすご~く加わりたかったのですが、ぼくの並びにはM先生、そしてN会長、、、ぐっとこらえてニヤニヤしていたのです。

最終的には他学科の応援もいただき、なんとか7時半すぎには全作業を終了することができました。
最後にM先生がおっしゃっていました。
業者に依頼すると60万円ほどかかるのですが、今日のみんなの作業半額以下にすることができたとのことです。
お金が節約できたことはもちろんよかったことですが、それよりもぼくにとっては5300通の封入作業という初めての体験が出来たことのほうが、大変でしたが有意義な体験でした。
でも年に1回くらいなら、、、ね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

いさおのドライビングスクール


きょうはA HOUSEの現場の日。
一昨日、晴れて普通自動車の運転免許試験に合格し運転免許を取得したスタッフのHiに運転してもらって現場へ行くことに。
きょうはクルマの運転にはかなりうるさいぼくからドライビングテクニックの伝授の日となりました。
ちなみに我が家族と事務所スタッフには無料レッスンという特典付き。(笑)

ぼくのポリシーからすると、何回かは洗車を体験してからでないとぼくの路上教習は受けられないのですが、今回は例外、いきなり近くのスーパーの駐車場で運転をHiに交代し、関越自動車道で寄居へむかいました。
ぼくは洗車をすることによってそのクルマの各部分のサイズや形状などを把握することができ、クルマをきれいにすることによってクルマに愛着がわいてくると信じています。
そしてそうすることによって、丁寧にクルマを扱うようになるのです。
クルマを愛することはとっても大切なこと。
まあ、洗車自体、奥の深いものなので、そう簡単にマスターできるものではないのですが、、、。
洗車道の指導はまた洗車の折に伝授することにしましょう。

ということで、まさにHiにとっては緊張の初ドライブ。ぼくにとっても決死の覚悟!のドライブのスタートです。

運転をHiに代わってまず気になったのがドライバーが道の中心を走ってしまっていること。
これでは狭い道では左側がギリギリになってしまうので注意。自分はクルマの右席に乗っていることを自覚せねば、、、。
気になることは多々あるのですが、初日ということなのでかなり大目に見て三芳PAのスマートインターから関越自動車道に入っていきました。
はじめはスピードを100キロまであげるのが恐いようで、追い越していく大型トラックが通過するたびに驚きの声!こっちはその声にビックラ!
スピードも一定に保つこともなかなか難しそうで、空いている道路なのにアクセルを踏んだりはなしたり。
ステアリングも直線なのに微妙に左右にふらふら。
ひとつひとつ、丁寧に厳しく!指摘してなんとか花園インターを出て現場へ予定時刻を10分遅れて到着しました。

現場での打ち合わせを済まして、帰りは高速道路での110キロ走行と車線変更の練習です。
三芳PAを出てからは、ふじみ野駅をひとまわり。
きょうの教習は高速道路よりも一般道の方がよっぽど足をつっぱってしまうほどの緊張するシーンがいくつかありましたが無事帰社。(汗!)
まあ、初日ということなので仕方ないことでしょう。

運転も建築もセンス。
ある程度乗ってみて自分にセンスがないと思ったらあまり無理しないほうがいいと思います。
反対にドライブする喜びを感じられたらどんどんハードドライブにチャレンジしていくことがドライビングテクニックの上達につながるのです。
頑張ってくだされ~っ。
安全運転は基本的にはだれでもできるのです。でも味のある、うまい運転はある程度リスクをしょったいろいろな経験や挑戦が必要なようです。
そう、人生と一緒ですよ~って!ナンテネ~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東京芸術劇場で会議

このところ、朝晩はめっきり秋らしくなってきました。
ぼくをはじめとする?内外コンクリート打ち放しの住宅に住む方々にとっては、いよいよベストシーズン到来といったところですね。
今年の夏は猛暑だっただけに、季節の移り変わりを実感させられます。

秋らしくなってきたというのに、このところ背中から腰にかけて少々不調なのです。
少し無理したからなのか(たいして走っていないのに)、それとも12年前の脊椎の手術の後遺症なのか、、、ぎっくり腰の前兆のような症状。
この数日のあさのジョギングはピーチャンとゆっくり散歩ということにして様子をみることにしました。
まあ、よくあること、すぐに回復するでしょう。

昼間は1日事務所デスクワーク。きょうのように腰の調子のわるいいときは助かります。
そんな中、きょうのティータイムはながかったな~っ。
Fが持ってきたガイドブックを見ながら、来月末のスタッフ研修旅行では、これ買おう!、あれ見よう!とみんなでワイワイ盛り上がってしまいました。

そんなことをしていたら、夕方6時からの設計製図会議に行かなければならない時間に。
急いで自転車に乗って駅まで、そして池袋の東京芸術劇場の会議室へ。
きょうは10月からの設計製図2の課題についての最後の打ち合わせでした。
毎回毎回、真剣な議論が交わされ、なんとか第一、第二課題が具体的にまとまりました。
毎回、ばらばらな意見をまとめてくださるS先生には頭が下がります。

それにしても東京芸術劇場のデザインはかな~り大味!
エントランスの無意味に巨大アトリュウム、その中を5階まで突き抜ける巨大エスカレーターはなんなんでしょうか?
良かったのは貸し会議室の椅子が革張りでチョー高級な椅子であったことと、貸し会議室の料金が破格にやすかったことくらいですかね~っ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

「家族がもっと元気になれる家」

先日、知人でフリーのリビングジャーナリストの中島早苗さんによる著書、建築家と造る「家族がもっと元気になれる家」という本をお送りいただきました。
早速、時間をみつけて拝読させていただいています。

間違いのない住宅の建て方を、一般のひとにもとてもわかりやすく書かれています。
さすがに長いこと住宅誌の編集にたずさわってこられた中島さんだけあって、それぞれの項目に説得力があります。
人生において、もっとも高価な買い物なのに、モデルハウスをみただけでサッサと決めてしまうひとが少なくないののはなぜでしょうか。
家電製品やクルマはスペックや価格を十分比較検討して購入するのに、こと住宅に関してはじっくり考えもせず、調べることもせず、ほぼ出来合いのプランを受け入れてしまうというもの。
中島さんは、住宅の計画は、十分時間をかけて、本当に自分達ののぞむ暮らしを知るところからはじめるべきというのです。
そして自分に合った住宅を建てるということは大きなエネルギーが必要とされますが、それ以上に楽しいものでもあるのです。

その本のなかで、ぼくのクライアントの話が書かれているのをみつけました。

「私の知り合いに、細谷功さんという建築家がいます。。細谷さんの事務所 スタジオ設計 のホームページは、細谷さんが設計した家の建て主さんたちが共同でつくったものなのです。
もちろん、建て主さん同士は、家を建ててから知り合いになったのです。
それほどに、細谷さんと力をあわせた家造りが面白く有意義だった、そして現在も細谷さんと造った家で、それぞれの皆さんが楽しく豊かにくらしたいるということなのだな、と私は解釈しています。

細谷さんが設計した家の建て主さんたちのように家を建てたことがきっかけで建築というものに魅了され、その後「建築オタク」になった人も知っています。
それだけ個人にとって家造りは、大きなエポックメイキングなイベントになり得るのでしょう。」

確かに我が事務所のホームページは建て主Iさんの趣味?とご好意で運営してもらっています。
そんな恵まれた設計事務所、ほかにないでしょうね、ホントありがたい限りです。
そして、「建築オタク」の建て主さん同士は我が事務所の新しい建物のオープンハウスには毎回のようにおいでいただき、みなさんに批評をいただきながら懇親を深めていただいています。

このネットワークは我が事務所の最高の宝物です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

楽しい打ち合せ

きょうは夕方からO HOUSEの第1回目の打ち合わせが事務所でありました。

K建設の営業担当のAさんが最近決まった現場担当者のKさんを連れて来所です。
まずは名刺交換から。現場担当のKさんは現場でのキャリアも長く、とてもはきはきとしたタイプで安心して現場を任せられそうです。
現場は設計者と現場担当者のコンビネーションが大切なことはいうまでもありません。
当方の担当のHiにも頑張ってもらわねば、、、期待してまっせ~!

設計に関する細かい打ち合わせを終える頃、クライアントのO夫妻も事務所に来てくれて着工に向けての具体的な打ち合わせとなりました。
いままでの辛く苦しい打ち合わせとはうって変わって、今回の前向きな楽しい打ち合わせは笑い声が絶えません。
苦しいことをともに乗り越えてきたO夫妻とぼくたちは、より一層信頼の絆が強くなったきがします。

地鎮祭の日程を決定し、近隣挨拶日程、上棟予定日、完成引渡し日の予定日の打ち合わせです。
地鎮祭は10月4日に決まり、クライアントのOさんは「どんな服装で行ったらいいんですか?」との質問。
いつも個性的なファッションのOさんには、堅苦しいスーツよりもいつも通りのラフでユニークな服装のほうがお似合いのように思います。

これから工期4ヶ月、現場の人たち、クライアント、そしてぼくたち設計者と3者が力を合わせて、素晴らしいO HOUSEにすべく前向きに頑張りたいとおもいます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

またまた、そば畑

きょうは午前中から親戚の法事にいってきました。
母の姉、ぼくの伯母の7回忌。

その家はぼくが20年くらいまえに設計させていただいた木造住宅です。
70坪ほどある大きな住宅で、きょうの法事も30人ほどの親戚が仏間にあつまって法事を行いました。
随所にぼくが修行時代に師匠T先生から学んだ吉田五十八ディテールを用いた本格現代数寄屋造り?の住宅なのです。
引き込み戸、埋め込み照明器具、ハッカケ枠、吊り鴨居、繊細な組子の障子などなど、、、みどころ満載の住宅。
いまでも枠回りのくるいはなく、壁のクラックはどこにもありません。
施工がよかったのか、いやいや多分、設計がよかったのか?20年の経過を感じさせませんでした。
やっぱ、建築はこうでなくっちゃいけませんね。

ぼくの最近の設計はコンクリート打ち放しや、金属サイディングの住宅が多いのですが、実は数寄屋建築をやらせたらちょっとうるさいんですよ!ホントニ!

法事の読経を終えて近くの和風料理屋へ。
料理はおいしいのですが、なんちゃって数寄屋風の客席で会食です。
このちがい、わっかるかな~♪、、、わっかんねだろ~な♪~なんておもいながら、、、。

法事からもどり、夕方新座の平林寺まで、母の実家の墓参りに。
きょうは久しぶりにMも一緒にいってきました。
途中、いつものジョギングコースのそば畑にはもう白いそばの花が八分咲き。
さっそくクルマをとめてシャッターをパチッ!。
きっと、もうすぐ刈り入れなんでしょうね。
それにしても、そばの日々の成長は目をみはるものがあります。
はたして自分は日々成長しているのでしょうか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

おいしい蕎麦の和楽へ


親戚のMさんが午前中線香をあげにきてくれました。
ラリーストであるMさんは最近、やっとのことで栃木県でみつけた最終版ランサーエボリューションの新車を手に入れたとのこと。
エアコン、パワーウインドー、オーディオ、、、などついていないガチガチのラリー仕様車です。
なのに高価!
たしかいままではインプレッサだったかな、、、。
学生時代から、定期的にラリーに参戦しているようで、優勝経験もある腕前。
来週は大井松田でダートトライアルのレースがあるとのこと。
F1日本GPと重なっているので東名が混んでしまうことを心配していました。
 モータースポーツ好きのぼくなのに、ダートトライアルレースは1度も見に行ったことはありません。
話を聞いていたら是非1度みにいってみたくなりました。
そうそう、もともとオフロードライダーであるぼくにも、「ドライビングの基本はオフロード」ということはくらいはよ~くわかっています。
先祖の話はそっちのけで、レース談義。
そういえばきのうはぼくとおんなじ市民ランナーである親戚のTさんと、参加する市民マラソンの話だったっけ?!。
それって、もしかしたら、細谷家の家系はレース好き、、、?

昼に姉夫婦がきたので久しぶりに以前僕が設計した美味しいお蕎麦屋さん「和楽」へいってきました。
きょうは鴨汁せいろの大盛り。
ジャズが流れるいい空間で、おいしいお蕎麦をいただいて幸せでした!ナンチッテ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

買い物DAY


きょうは玄関まわりの掃除から1日がスタートです。
そして遅ればせながら仏壇の雑巾がけ。

あとはリビングでCS放送のエフェクト モーツアルトをみながら、聴きながら来客の待機です。
ただ待っているのももったいないので、今週決定した来月末の事務所スタッフ研修旅行目的地のガイドブックを読み漁っていました。
いい音楽を聴きながら、これから行く旅先のプランを考えるなんて休日らしくっていいな~なんてね、、、。

午後は兄と親戚が線香をあげにきてくれて、しばしお話。
市民ランナーでもある、その親戚のTさんはもう坂戸マラソウンを申し込んだとのこと。
ぼくはいま小川和紙マラソンの10キロにしようか、それとも所沢シティマラソンの20キロにしようか悩み中なのです。
所沢が12月2日、小川が12月10日なのですね。
Tさんは「両方でちゃえば、、、」っていってたけど?!。
いずれにしても今月中に結論を出さなければなりません。

4時半になったのでもう来客はないだろうと、久々に買い物にでかけました。
まずはピーチャンのドッグフードを買いに近くのスーパービバホームへ。
そこに行くとついついペットショップのコーナーに行ってしまいます。
きょうも3段に重なったガラスケースの中に子犬がたくさんたわむれていました。
いや~いつも子犬には癒されますね~。
いやいや、我が家の愛犬ピーチャンにも十分癒していただいておりまする。

帰りがけにこれまた久々にリズムアウトレットモールへ。
行きつけの洋服屋さんにいったら、いままでずーっと欲しかったスーツがジャストサイズ(Y4)であったので迷わず購入、なんか嬉しくなってついでにシャツも購入してしまいました。
ま~たまにはい~っすよね~っ衝動買いも。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

天岩戸神社へ問い合わせ

きのうが彼岸の入りだったのに、花は買って用意していたものの時間がなくなり、結局墓参りに行けなくなってしまいました。
ご先祖さま、大変申し訳ありませんでした~っ。
ということで、きょうの午前中、事務所を抜け出し、我が家のお墓に線香をあげに行って来ました。
きょうも真夏のような暑さ、お墓の掃除をしたら汗だらけになってしまいました。
この彼岸の連休もぼくの兄弟が集まり、ぼくは親戚への墓参りと法事で終わってしまいそうです。

午後は、いますすめている、九州沖縄料理の店の内装に九州らしいディスプレーが欲しいとクライアントからの要求があり文献やネットで調べていたら、宮崎県の高千穂町でおこなわれている「高千穂の夜神楽」が目にとまりました。
「天照大神(アマテラスオオミカミ)が天岩戸に隠れたとき、アマノウズメノミコトが舞ったのが始まりで、夜を徹して神楽を奉納するもの」なのだそうです。
そこに飾り付けてある「えりもの」という和紙を切り抜いた紙を壁面のディスプレーに使えないだろうかと、、、。
早速、高千穂町役場へ電話をしたところ、「えりもの」はそのつど作るものなので一般には販売していないとのことでした。
あきらめきれないので、観光協会へ電話をして聞いてみたところ、それは天岩戸神社に売っているとのこと。
えーっ!あの天岩戸神社?たしか日本の神々の元となっている、、、。
少々緊張しながら天岩戸神社へ電話、「えりものは扱っていますか?}と恐る恐る問い合わせです。
女性が出て、けっこうクールに「ありますよ~。」とのこと。
種類が19種類あるそうなので、とりあえず2つだけ送っていただくことにしました。

いろいろな資料を見てみると日本の神々や日本国が生まれた伝説が書いてあり、興味をひかれてしまいました。
よくよく考えてみると日本人にとっての高千穂は、キリスト教徒のエルサレム、もしくは回教徒のメッカなんでしょね~っ。
な~んて、にわか仏教徒のぼくは彼岸の最中に考えています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。