So-net無料ブログ作成

京都じゃなくて平林寺にて


きょうは大晦日。
ぼくの2007年は平和に終わってくれそうです。

今朝は8時に起きてまずストレッチ、軽くJogで関越自動車道三芳PAを一回りして今年の走り納め。
きょうの高速道路はガラガラ、もう混雑する時期はすぎてしまったのでしょうか、、、。
空は抜けるような青空で、気持ちの良い走り納めができました。

それからデパートに頼んでおいた、おせちを取りに行ってきました。
デパートは開店間際というのに駐車場はもう満車状態。
おせちと一緒に今夜のお蕎麦とてんぷらも、、、。
ついでにヨレヨレになってしまったパジャマも新年を機に新調することに。
ラッキーなことにバーゲン品がジャストサイズでした。

午後は恒例の我が家のお墓参りと母の実家の墓参りに。
きょうはぼくの祖父の命日でもあります。

その足で新座市にある母の実家の墓へ、お花と線香をあげてきました。
ついでにすぐそばの菩提寺の平林寺へもお参りに立ち寄ってきました。
明日の元旦は多くの参拝の人でにぎわうのでしょうが、きょうは静まりかえっていました。
途中の京都嵯峨野のような?境内の竹林でシャッターをバシッ。

今年もあと数時間で終わり。
今年もいろいろな方にお世話になりました。
そして、こうして日々ブログを書ける時間をもてる自分は幸せなのですね。
ありがとうございました。お陰さまでいい年でした。

来年はより一層頑張りますので、よろしくお願いいたします。

おまけ(大人げずスミマセ~ン、)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

古い御神札を納めに


きのうは夕方、3月に行われる熊谷さくらマラソンの10キロの部の申し込みをしてきました。
今年の春に出場したため、先日主催側より案内が郵送されてきていたのです。
締め切りはまだ先なのですが、早めに申し込んでおけば正月はダラダラせずに新年早々から走る気分になるかなとおもって、、、。
このところ雨などで走れていないので、明日はしっかり走り納めをしなくては、、、。

きょうの午前中は仏壇と神棚の掃除からスタートでした。
仏壇は彼岸以来、神棚は昨年の暮れ以来1年ぶりです。
その神棚のお社は、かなりほこりが目だっていたので久しぶりに水拭きをしました。これも何年ぶりでしょうか。
神様、ほんと申し訳ありません。
古い御神札を新しいものと交換し、床の間の横に何年も置いてある古い御神札も一緒に近くの神社に納めることに。
その古い御神札を整理してみると、古いものは10年以上も前のものもあります。
まだ母が健在のころは毎年新年には、川越のお不動様から家族全員の生年月日と名前の入ったお札をいただいていました。
そんな御神札がいくつかあり、おもわず昔のことを思い出してしまいました。
この10年ほどの間に、父が亡くなり、母が亡くなり、一人ずつ家族が離れて暮らすようになり、この古い御神札を見ると、改めて年月の経過と家族の変化を実感してしまいました。

そんな思い出深い10年来の御神札をまとめて、近くの神社へ納めに行ってきました。
想えばこの10年、多くの方々に助けていただき、よく生きてきたな~、これも御神札のお陰かな~感謝、感謝、などとおもいながらお参りしてきました。
そして新しい年はまた新たな気持ちでより一層頑張らなくてはと、、、。

午後はMはキッチンとトイレ、ぼくは居間と和室と手分けをして大掃除、やっと我が家は正月が迎えられる感じになりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

我が家のランは雑草の如し


きょうから冬休み。
気が緩んだせいか、疲れがたまっていたせいか11時近くまで朝寝坊してしまいました。
やらなければならないことがたくさんあるのに、、、雨上がりでは庭の掃除もできないし、まあ今年はまだ2日あるからきょうはゆっくりテレビでも見ようなんて自分に言い聞かせたり、、、。

ということで昼食を食べてからはBSでやっていた京都の世界遺産を訪ねる2時間番組を見てしまいました。
下賀茂神社、上賀茂神社、宇治上神社、平等院鳳凰堂などの世界遺産の神社や寺を川原亜矢子が訪ねるのです。
建立当時の世の中の様子をまじえての解説はとても興味深いものがありました。
建物はその時代背景を知って見るべきなんですよね。そうすると見方がかわってきます。

最後に京都にいったのはもう20年くらい前かな~っ。
ぼくの旅はいつも新しい建築を見る旅になりがち、今度はじっくり古い寺や神社を訪ねてみたくなりました。

少しは掃除もしなくてはとおもいホールにいくと、ランの花が満開。
まったく手入れをしていなくて、いつも庭に出しっぱなしのランです。
今年の春に根っこが窮屈そうだったので大きな鉢に植え替えてあげたら、いつもは2本しか咲かない花が今年は5本もはなをつけました。
先月中ごろ、つぼみをつけていたので、室内に入れておいてあげたらいつの間にかこの通り。
室内といっても我が家のホールはほとんど外と同じ状況の寒さのスペース。
だれの手も煩わせず、夏の暑さも冬の寒さも自然の状況で咲いてくれる雑草のような我が家のランはスゴイ!
きっと、自然と鍛えられちゃったんでしょうね。
「雨にも負けず、風にも負けず、夏の暑さにも冬の寒さにも負けず、、、極寒の時期に花を咲かせる我が家のラン」
見習わなければいけません。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

2007仕事納め


きょうは我が事務所も仕事納めでした。
午前中は年明け早々にある打ち合わせのための基本設計の資料つくり。
午後は半年ぶり、いやいや1年ぶりの自分の机のまわりの掃除、片付けをしました。

ぼくはいつもついつい本や資料やカタログを机の周りに積んでしまう癖があります。
進行中の仕事関係は右前方、雑誌カタログ類は左前方、古い資料やプライベートな郵便物は右後方に積んであるのです。
はじめのうちはある程度その分類に沿って整理できているのですが、数週間もするといつのまにかごちゃごちゃになっているのが実情。
困ってしまうのは、その書類のなかに日常使っている定規などがはさまれて行方不明になってしまうことなのです。
きょうもそれらの書類を整理していてたら出てきました、出てきました!。
もう数ヶ月も探してあきらめかけていたとっても使い慣れていた円定規が、、、。
そして机の上の消しゴムのかすを払うたに必需品である、学生時代から愛用していた壊れかけのラジオ?じゃ~なくてブラシ(刷毛)。
数ヶ月前に、これが行方不明になってからはいつもフーッフーッ!といつも息で消しかすを払っていたのでかなり嬉しかったですよ。
いつも円定規をかしてもらっていた前の席のY君に「あったよ~!」と報告したら、「やっぱりネ~」という感じで嘲笑?されてしまいました。スミマセ~ン!

整理整頓、道具は大事にしなければいけません。
ぼくらも、いやいやぼくはK社のM大工さんを見習わなければいけません。

ということで1年ぶりにぼくの机の周りが片付いたところで今年の仕事終了。
お歳暮にいただいた美味しいソーセージセットとワインがあったので宅配ピザも追加して、夕方5時から事務所でささやかな納会となりました。

きょうも現場監督の図面を間違えて持ってきてしまったという、少々手薄気味だったHiさんの話、きのうのテレビで、香椎ゆうの記者会見の様子が好印象だったという、一時オダギリジョー似といわれていたY君の結婚についての話(まだあてはなさそうですが、、、)などなど、、、。
またまた笑いだらけの2007納会です。

それぞれの用事もあるようなのできょうは7時解散となりました。
Y君、Hiさん、そしてF、1年間お世話になりました。
来年もよろしくです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

現場事務所に「住宅特集」!?


今年もあと4日、仕事は明日1日となりました。
午前中は真新しい手帳に来年1月のスケジュールを書き込んでいきました。
のりの効いた新しいシャツに腕を通す感じとでもいうのでしょうか、、、気持ちがシャッキっとします。
手帳はもちろん今年も中村天風「成功手帳」です。
ちなみに今月のお言葉「喜びや、楽しみや、ほほえみは、どんなに大げさにしてもいいんだよ。」です。
だからというわけではありませんが、今月は笑う機会が多かったような気がします。
ありがたいことです。
このような中村天風の金言、至言が毎週、毎週そのページの最初に日常の心得として出てくるのです。
この手帳、ぼくはもう10年くらい愛用しています。
興味のあるかたは是非使ってみてください。
いままでの日常がチョットかわるかも、、、。

午後はP.I.Hの現場へ今年最後の打ち合わせに行ってきました。
解体部分はほとんど完了し、年明けからは鉄骨工事に入っていきます。

現場事務所に入って驚いたことは、救急箱の横に「住宅特集」が並んでいるのです。
「なんでここに住宅特集があるの~?」とW工事部長に聞くと、部長は「現場の人間に新しい住宅設計の実情を知ってもらい、新しいことに挑戦する意識を高めるためです。」とのこと。
いや~驚きました。と同時になんだか嬉しくなってきてしまったのです。
ぼくらも毎月これらの雑誌をみながら刺激をうけ、やる気を起こしているのですから。
もちろん雑誌に載っていることが全てではありませんが、そういうモチュベーションで工事にたずさわってもらえることが嬉しいのです。

設計と施工と立場は違っても、お互いが同じ価値観で、同じ信念で、同じ方向に向かっていることはとても大切なことだとおもいます。
建築物は設計者の力だけでは絶対できないのですから、、、。

むしろぼくらも施工側のモチュベーションには負けないぞ~という気持ちにさせられてしまいました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

気になっていた建物探訪


きょうは5年ごとの建築士事務所登録の更新申請に浦和の埼玉建産連会館へ行ってきました。
いつのまにか今回で6回目の更新になります。
振り返れば、これまで山あり谷ありの日々、相変わらず事務所規模は大きくなりませんが、設計の仕事を途切れず依頼をいただけてきたことは本当に幸せなことだと改めておもいます。
まだまだ10年、20年、つくり続けていきますよ~っ!

浦和へ向かう途中、羽倉橋を渡った右側の真っ白なドームが以前から気になっていました。
たしか2年くらい前、武蔵野線で松戸の現場に通っていたころ荒川の鉄橋から遠くに大きな白いドームが見えてきてとても気になっていたのです。
きょうはその近くを通ったので、帰りに寄り道をしてきました。

行ってみると、さいたま市桜区役所の看板、隣には図書館、さくらホール、体育館も併設された複合施設でした。その施設のの名前は「プラザウエスト」。
数年前までは何があった場所だったのか、おそらく湿地帯か田んぼだったのでしょう。かなり広大な敷地です。
中央のシンボリックなドームは3層吹き抜けた巨大空間。
デザインもとてもいい感じ、設計者を聞いてみたら松田平田建築事務所だそうです。
久々に巨大公共複合建築を見たきがします。
ただ、こんな町はずれに、こんなに凄い施設を作って多くの市民に利用されるのか、ちょっと気になります。

事務所にもどって我がスタッフにパンフレットをみせながらその建物の話。
こういう建物の設計者はどうゆうふうにに決まるんでしょうね~?
それが一番気になります。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ロフト床の取り付け


きょうは午前中はO HOUSEの現場へ。

行きがけに郵便局に立ち寄ったら異常な混雑ぶり、たしかきょうが年賀状が元旦に届くための最終日ですよね。
ぼくの年賀状はきょうしっかり投函したので元旦に届いてくれるでしょう。

現場はロフトの鉄骨床フレームを取り付けているところでした。
屋根から吊られた鉄骨フレームに取り外し式のFRPグレーチングが置かれます。
この床というか棚というかFRPのスペースは、3坪ほどの大きさになりワンちゃんのスペースにもなりそうなのでキャットウォークというよりもドッグウォークといったところでしょうか。
現場は年内はあと3日、大工さんは木製サッシ枠取り付けの追い込み作業中でした。

帰りがけにお世話になっているM歯科医院に暮れのご挨拶におじゃましてきました。
奥様がいらして、先生と友人であるダークダックスの方々とゴルフで一緒になり、急遽、2月11日にダークダックスのリサイタルを企画してしまったとのこと。場所は富士見市市民会館キラリです。
いや~大胆なことをしてくださいます。
あいにくぼくはその連休には用事があっていけませんが、、、。

午後は、D電機のOさん、ビルケアサイコウのAさん、D生命の営業の方、そしてU社のU社長が暮れの挨拶にきてくれました。
「良いお年を!」という挨拶は、年の瀬を実感します。

夜はクリスマスだからではなく、恒例の給料日なのでスタッフの食事会です。
買出し担当のY君のスーパーメニュー(サティの)のセレクションでこれから「いただきま~す!」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

もう、お正月の御神札セット


きょうは9時過ぎまで朝寝坊。
あさ一番の仕事は昨日のBQQの片付け。片付けはなれているのですが、楽しかった宴の後ほど静かで穏やかすぎる?休日の朝は、数時間まえとのギャップをおもいっきり感じてしまいます。

片付けが1段落してコーヒーを飲みながらテレビをつけたら、五木寛之の「ブッダ最後の旅」の再放送をやっていたので見ることに。
ブッダが最後に弟子を引き連れてインドを旅した行程を五木がたどるのです。
五木は宗教にはうといぼくのような者にも、とてもわかりやすく解説してくれます。
そのときのブッダの年齢は80歳とのこと、灼熱の大地を旅することは容易でなかったことは想像できます。
ちょっと仏教のことをしりたくなりました。

そんなことを考えていたら、そうそう、お寺に父親の法事の依頼に行かなければならないことを思い出しました。
早いものでもう13回忌です。早速近くのお寺の住職さんを訪ね、3月の日曜日にお願いしてきました。

午後は地元の神社の役員のかたが、御神札セットを届けてくれました。
正月を迎えるにあたり、御神札を新しくし、飾りつけも新調します。
このセットが届くと、いよいよ新年を迎える時期であることを実感します。
今週末は1年ぶりに神棚の大掃除もしなければいけません。

夕方はまたまたテレビで仏像100選をやっていたのでみてみました。
ぼくにはまだわからないのですが、仏像の魅力?についていろいろな人が語っていたのが興味深かったです。
こんど時間をつくって、またバイクにでも乗って、仏像を見る旅もやってみてもいいかも、、、。
これって、歳っていうこと、、、?

クリスマスイブ♪なのに、なぜかお寺や神社の話題ばかりの1日でした。南無、、、。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

寒空の屋外バーベキューパーティ


夕べは、ふとテレビをつけたら「日本のフォーク&ロック大全集」という番組をやっていておもわず見入ってしまいました。
1960年代から年代を追ってヒットした曲つぎつぎと登場。
ちょうど中学3年生くらいにギターを買ってもらい、友達フォークソングを歌っていたのが懐かしく思い出されました。当時PPMやジョーンバエズとかをやっいぇいましてね~。
高校へ入るとギターはエレキギターにかわり、フォークソングからロックへと変わっていくのです。
そのころはストーンズ、クリーム、ドアーズなどなど、、、。
高校時代でエレキバンドは解散し、大学に入ってからはまたまた一人でもできるフォークソングを勝手にやっていました。
吉田拓郎や井上陽水など。
このころのフォークソングが流れてくるとそのころの情景が思い出されてきます。
改めてそのころの曲の歌詞を画面で追いながら曲を聴くと、当時は気づかなかった言葉が心に残るのが不思議です。

番組の中で「フォーク酒場」というのが流行っていて、中年オヤジで盛り上がっているというという実況中継がありましたが、あ~っぼくもその仲間なのか~とちょっと悔しいような、、、。

3時間半の番組を見終えて寝ようかとおもったら、続けて「アイク&ティナターナー ライブ」があるではありませんか。
こりゃ見るしかない!っと音をライブバージョンに切り替えて、深夜にもかかわらずかなりのボリュームで楽しんでしまいました。
これまた、かな~り懐かしいライブ。
女性版ジェームス ブラウンのようなティナ ターナーのパワフルなステージは凄い、こっちまでカラダが動いてしまっていました。
懐かしのフォーク、ロック、そしてR&Bと最高の夜でした。

きょうは夕方6時からOさんとディレクターMさんの提案で、我が家でバーベキュウー忘年会がありました。

午前中まで降っていた雨も上がり、夕方から休日出勤してくれたHiに手伝ってもらいながら、我が家の庭のウッドデッキに会場を設営です。
天気が回復したといっても真冬の夜、テーブルの両サイドからファンヒーターで温風を送るようにセッテッィング。
BBQコンロにも火があるので、意外と寒くはありません。はじめての冬の夜の屋外BBQでしたが、これもアリかもっていうところ。
一段落してからは暖炉の火のあるホールへ移動し、飲み再開。

今夜はOさん夫妻、K社のKさん、大工のMさんKさん、そしてMディレクター、ADのIさんという面子。
現場での裏話や、テレビ番組の裏話で12時近くまで盛り上がってしまいました。
こういう和気あいあいのメンバーで仕事が出来ることに感謝です。

O HOUSEの無事、竣工目指して頑張りましょう!!!

ちなみに次回は完成したOさんの家の2階のデッキで完成記念BBQ大会ですよ!(笑)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

六本木ヒルズでの結婚式へ


きょうは9時すぎに家を出て六本木へむかいました。
六本木ヒルズのグランドハイアット東京で友人Tさんの娘さんのSちゃんの結婚式です。
Tさんとはもう20年来のお付き合いをさせていただいていて、だいぶ以前には建物の設計もさせていただいたことがあります。
20年前のSちゃんを知っているのぼくにとっては、ほんと久々に、きょうきれいなお嬢さんになったSちゃんに会うと不思議な感覚になります。
小学生のころの印象から、中、高、大の途中が抜けていきなり結婚式という感じ。
まさにぼくの中では時間がタイムスリップしています。

ぼくはグランドハイアットでの結婚式に出席するのははじめて。
設計を生業とするものにとっても、とっても楽しみな結婚式でした。
結婚式の行われたグランドチャペルは壁全面の木製の縦ルーバーが、十字架上部のトップライトに向かってすり鉢上に絞り込まれた荘厳な空間でした。

そして披露宴はメタリックな雰囲気のモダンな空間。
正面のメインテーブル背後の壁面はスクリーンが上下して、上げるとケヤキ坂通りの街並みがみおろせるというなかなか凝った趣向です。

披露宴ではぼくの隣の席がTさんの友人フジテレビの向坂アナウンサーでビックリ!。
テレビで見たとおりの穏やかで気さくな方でした。
余興のなかで、Sちゃんの弟のK君が友人と一緒にヒップホップダンスを披露してくれました。
17歳のK君はニューヨークの慶応学院に留学中とのこと、さすがにニューヨーク仕込のヒップホップダンスは決まっていましたよ。

最後に新郎、新婦の挨拶、「両親のような夫婦になりたいです」と、、、。
泣けてきました、、、。

とても素晴らしい心に残る結婚式でした。Sちゃん、お幸せに~!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。