So-net無料ブログ作成
検索選択

映像と音楽ってイイ!

200810221758000.jpg
きのうの授業のはじめに、N先生が先週完成した各グループのダンボールでのシェルター作品の写真を、ダイジェスト版にしてパワーポイントで紹介してくれました。
ズームアップしたり、左右にフェードアウトしたりの、なかなかの作りこみです。
ちょっと心憎かったのはBGM付だったということ。

BGMの音楽もイントロからなかなかいい感じ、、、山下達郎の曲というのはわかったのですが、ボクは初めて聞く曲です。
ぼくの後ろに座っている学生は一緒に口ずさんでいるし、、、ボクはわかんない~。
「この曲、いい感じの曲なんだけれど、なんていう曲なの~、、、」学生に聞くのもちょっとこっ恥ずかしいし、、、。

ということで、事務所に帰るなり達郎ファンのY君に話したら、U Tubeでさっそく調べてくれました。
でも、なかなかみつかりません。

結局、Y君のもっている達郎のCDを全部きょう持ってきてもらい片っ端から聞いてみました。
そして4~5枚目でやっと見つけました。その曲は「ハッピー ハッピー グリーティング」という曲。
キンキ キッズに書いたというなかなかいい曲です。
いやきっと映像と曲がとってもマッチしていたということなのだとおもいます。

だいぶ昔、独楽蔵という設計事務所で住宅展というイベントがあり、行ったことがありました。
あいにくその日は台風が来ていて大雨。そんな中、ボク一人のためにその事務所の作品やスナップ写真のスライドをBGM付で映写してくれました。
その映像と音楽の素晴らしさに感動してしまった記憶があります。

それ以来、いつか自分の設計した建物の映像とスナップ写真をおりまぜて、それに合ったBGMをチョイスしてプロモーションビデオ風に流したいという願望がめばえていました。
この建物の曲はこれ、あの建物の曲はあれという感じで、かなり具体的なイメージはすでにもっています(笑)。

ピックアップされている曲はアラン パーソンのTime、シャーリーンの愛はかげろうのように、10ccのI’m not in Loveなどなど、ふる~いけどかなりヤバ~イ曲。
イメージ映像と音楽のコンビネーションってとっても大事だとおもっています。
是非、製作テクニックをY君から伝授してもらいチャレンジしたいとおもっています。そのうち多分、、、。

そんなことを思い起こさせられた、きのうの授業でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

延若運動?

歳を重ねると筋肉痛は2日後にやってくるといわれますが、きょうは走って2日後。
走った当日と翌朝は階段を上るときなど少し筋肉痛を感じましたが、今朝はまったく筋肉痛はありません。

以前は、10キロ走っただけでも足、腰の筋肉痛、そしてかつて受けた背骨の手術の後遺症であろう背中の痛み、そして手がしびれてしまったのですが、今回はまったくありませんでした。
残念ながら、記録は目標を達成できませんでしたが、12年前、脊髄の病気で一時は歩くことも出来なくなったぼくの体は確実に回復し、いやいや以前よりもより強くなっていることが実感できました。

しかし、ひとのカラダは確実に老い、体力は衰えていくもの、せめて延命というより延若?のために、いまできる運動は続けていけたらとおもっています。
自由にカラダを動かして運動できることって幸せなことなのですね。

きょうは授業の日。
クルマで大学に向かったのですが、いつもよりもクルマの調子がいい、、、。
エンジンが軽やかに回る感じ、、、。
きのう、200キロあまりをノンストップで高速を走ってきて、エキゾーストのカーボンが取れてすっきりしたのでしょうか、、、それとも各部に潤滑油がいきわたってくれたのでしょうか、、、とても快調なのです。

そして人間もたまには体力を思いっきり使いきってくると、精神的にも肉体的にも溜まった毒素がぬけてスッキリするんでしょうか、きょうはクルマ同様、ぼくの気分も体調もよかったようです。


きょうから新しい課題がスタートでした。
建築家 清家清の自邸の敷地に小さな住宅を設計するというもの。
既存の「私の家」「続 私の家」「倅の家」を残して、そてらの住宅との関係性を保ちながらの住宅の設計です。
敷地はけっして狭くはないのですが、既存住宅との関係性がポイントといったところでしょうか。

まずは現地調査、住人の設定を来週までの課題にしてきょうの授業はおしまい。

帰りがけ、先週見れなかった4年生のT君の卒業設計のエスキスを見てきました。
なかなか共感できる内容に、おもわず聞き入ってしまいました。

それにしても、もうそんな時期なんですね。
学生時代の設計の集大成、ぜひ頑張ってもらいたいとおもいます。
いつでもエスキスみますよ~

200810211720000.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

幸せのものさしか~

今朝は7時起床。
ホテルの1階で朝食をとり、8時半にはホテルをチェックアウト。

きょうも天気は快晴。久々に国道254号で三才山トンネルを通り佐久へぬけるルートも考えたのですが、やはり早く事務所にもどらねばとおもい、長野道の松本インターへ。

この道の松本から更埴までの景色も大好きです。
豊科あたりからの北アルプスの眺めは絶景、そして姨捨SA付近では今度は右側にひらける戸倉、上山田、上田盆地、そして大きく蛇行して流れる千曲川の眺めもきれいです。

200810200906000.jpg

月曜日の朝からこんなドライブをしていることに、多少の後ろめたさを感じながら、そしてこ2日間を振り返りながらふじみ野をめざします。
クルマの少ない高速を自分ペースで走りながら、非日常から日常へ向かっている自分。
日常から離れて、改めて日常のことについて考える時間でもありました。

まずはこのような時間を持てることに感謝しなければいけないんですね。

たまたま竹内まりやCDから流れてきた曲、「幸せのものさし」
足りないものを数えるくらいなら、足りてるものを数えてごらんよ!♪

うん~ん、そうか~、、、。
いままでいろいろあったけど、そこそこ幸せなんかね~、、、。

200810200952000.jpg


事務所には11時過ぎに到着。
午前中は雑用。午後からはちゃんと仕事できました。

夜はKさんとA君にもらったぼくの好きな懐かしいアルファのミニカーを眺めながら、そしてビールを飲みながら楽しかった2日間を振り返っています!。

感謝です!

200810202051000.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

きょうは大町アルプスマラソンと黒四ダム

今朝は5時起床。

持参したバナナとみかん、そしてきのう駅前のスーパーで買っておいたおにぎりで朝食でした。
そしてユンケルDとあのスーパーバームを一気飲み!
これで準備はバッチリ、天気もよく冷え込んでいる早朝の街を歩いて松本駅へ。
松本発6時35分の大糸線に乗りました。
クルマでは何回も松本、大町間は走っているのですが大糸線に乗るのは初めて。
ローカル線沿いのどかな田園風景は、きっとむかしとほとんど変わっていないのでしょう、こんな風景のなかで育つ子供はみんな健康で、そしてまっすぐにそだつんだろうな~、こんな素晴らしい景色の中で日々生活している人たちは悪い人はいないんだろうな~などと思ったり、、、。

200810191553000.jpg

大町駅もむかしとほとんど変わっていない印象、素朴な駅舎です。
大町は中学、高校時代の学校の山の家があり毎夏行っていました。そして大学時代の友人のH君も偶然大町の出身だったので、社会人になってもなにかにつけ大町にはよく行きました。
そんな思い出深い街です。

大町駅前にはシャトルバスが待機していて、そのバスで大町運動公園へ。
出場のハーフマラソンは9時スタート、受付を急いで済ませて、ストレッチ。
あっという間にスタート時間になってしまいました。

200810190822000.jpg

この大会ははじめての大会、スタートから5~6キロは直線のなが~い下り坂だったので喜んでいたら、折り返してからは当然登り。
なが~い登り坂はなれていないのでけっこうこたえました。
後半18~9キロでふくらはぎをツル始末、やっぱりトレニングがたりないんだな~反省!!!。
結局、目標タイムの1時間50分クリヤ出来ず1時間54分でした。
次回、12月の小川でリベンジです。

走り終えて、急いで大町駅までもどり、きょうは黒四ダムに行くことにしました。
案内所できくと、夕方までに松本へ戻るには黒部平までの往復コースとのことでチケットを購入し、まずはバスで扇沢へ向かいました。
途中の日向山高原別荘地には高校の大町山荘があり、その先にはよく家族でも利用したくろよんホテル(いまは、くろよんロイヤルホテル)があります。
なつかし~、ほとんどむかしとかわっていません。

扇沢からトロリーバスに乗って黒部ダムへ。
黒部ダムではすでに疲れきった足腰でしたが、せっかくなので階段200段あまりの新展望台へ上がって真っ盛りの紅葉を楽しんできました。
それからダムサイトを渡りケーブルカーで黒部平へ。
むかしみんなで来たときのことばかり思い出して感傷的にっている自分でした。ホントニ!

200810191251000.jpg
200810191332000.jpg

紅葉の景色を楽しみながら、そして帰りの電車の時間を気にしながら、行きのコースをUターン。

大町駅には4時、松本には5時過ぎに到着、ホテルにもどり急いでシャワーをあびてサッパリ!

6時過ぎに約束していた松本在住の卒業生のKさんとA君と久しぶりに会い、食事をすることができました。
A君とは卒業以来、15年ぶりくらいでしょうか、、、。
学生時代の思い出話や、ぼくも含めての人生いろいろの近況報告などなど、話がつきません。
Kさん、A君がんばりましょう~!!!
話が盛り上がり過ぎて?気がついたら11時。
こんどはぜひふじみ野へ来てくださいね!ということでお開きに。

ぼくはホテルにもどったら案の定、バタン!キュ~でした。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

コルビュジエ光の遺産展をみて松本へ

きょうは少し朝寝坊。
ゆっくり朝食をとり、午前中は久々にマツキヨへ買い物です。
洗濯洗剤に台所洗剤そして歯磨がなくなる直前なのでまずは調達。
明日がハーフマラソンなので、シップ材とユンケル、そして先日クライアントのAさんが「キク~ッ」といっていたスーパーバームを買ってきました。
これで準備オッケー!

もどって着替えなどの準備をし、ガソリンスタンドに行ってガソリンを満タンに、、、そうそうタイヤの空気圧も久々にチェックしてあげましたがほぼ異常なしでした。

1時半に自宅を出発。
きょうは秋晴れ、天気もよいのでオープンで松本へ向かいました。
その途中、きのう軽井沢のメルシャン美術館でコルビュジエの展覧会をしているのを聞いたので立ち寄っていくことにしました。
インターネットで検索したら、その美術館は軽井沢といっても、佐久インターが近いよう。
4時に到着し、5時閉館なので急いでチケットを購入し、見学してきました。

200810181608000.jpg

「コルビュジエ 光の遺産」と題しての展示はユネスコの世界遺産に推薦された22件のコルビュジエの作品を中心に、建築のみならずコルビュジエの絵画、彫刻作品、タピスチリーなどの作品も多数展示してありました。
やはり世界的建築家は、なにをやらせても素晴らしい才能を発揮していたのですね。

改めて感じたのはあの有名なロンシャン教会は彼が50代後半で、ラ トゥーレット修道院は60代前半で設計したということ。
いや~フィフティーズはけっこう勇気付けられますね~(笑)。

ロンシャンに響きの似たメルシャン美術館はミュージアムショップやレストランなどが別棟になったツタのからまる落ち着いた建物でした。
そのツタが紅葉してとても秋っぽくてよかったです。

5時前に美術館をでて、信越道を松本へ向かって走ります。
日本アルプスへ沈んでいく夕日に向かって走ていると、なんか叫びたくなる~っ。チガウカ~!

6時過ぎ、松本のホテルにチェックイン。
今夜の夕飯は駅前のスーパーでマツタケ弁当とビールを買って部屋で済ませました。
明日は5時起床、明日に備えて9時消灯で~す。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

決めたスケジュールは守りましょう!

200810171454000.jpg
きょうの午後は店舗内装工事の打ち合わせに聖蹟桜ヶ丘へ行ってきました。
来春竣工の建物は鉄骨の建て方の真っ最中。

テナントとして入るカフェはこの建物の1階に入ることになっています。
鉄道系デベロッパーK電鉄によるビルで、施工もK建設、内装監理室(内監)もK建設が行っている工事なのですが、イマイチ全体のスケジュールがビシッと行かず困ってしまいます。

こちらははじめの説明会に内監から出された内装設計指針のスケジュールに沿って、タイトなスケジュールにもかかわらず、設計作業を進めて来ているのですが、内監側のやるべきことはそのスケジュールから大幅に遅れているのです。
各段階での各種提出期限は厳守しているのに、たとえばB工事(テナント側負担、ビル側工事)の見積もりは3週間もおくれている、、、。
しかも、間違いが多い、、、。
もはや、内装監理室というより、施工会社側の現場担当という感じ?
こちらの担当のFは「こちらで内監を監理しましょうか?!」といってやりたいくらいの勢いでした。

そちらで決めたスケジュールはちゃんと守って欲しいものです。
もし、守らなくてもいいのなら、こちらに対してももっとゆるーくても良いのでは、、、(笑)

帰りがけ、Kデパートの8階のカフェでFと打ち合せ。
Fは、きょうはボクの誕生日ということを知ってくれていて、思いがけずおいしいケーキセットをご馳走になりました。

帰りがけ、サティによって、きょうは国産牛の上カルビと野菜を購入、これから今夜はひとり焼肉でお祝いで~す。

メールや、電話、手紙ありがとうございました。

これからも、まだまだ頑張らねば~!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

輪島の現地視察

きょうも快晴。
空港近くの敷地は午後調査ということになり、午前中はフリータイム。
まずはTさんの案内で輪島名物、朝市へ。
朝市通りには出店がびっしり、新鮮な海の幸、山の幸が並んでいました。

200810160838000.jpg

それから、少し離れたところにある時国家、上時国家の民家の見学。
北前船が全盛だったころの豪商の住宅だそうですが、それは民家の域を脱している住宅でした。
200810161059000.jpg

まだ一般公開されていない松尾家住宅も見学させていただくことができたのはラッキーでした。

途中、海岸線を走る道路下にある千枚田もしっかりみてきました。
200810160946000.jpg
市内にもどり昼食。
午後は空港近くの敷地の調査に行きました。
現段階では山林なので、その中に入っての調査はけっこう大変でした。
市の担当の方も一緒に山林の中に入って、今後の造成などについての打ち合せをしてきました。

造成は来月から、そして建築工事は来春からになる予定です。

帰りの便は能登発15時55分。
予定どうり出発し、17時に羽田到着。
帰りも快晴、帰路は佐渡島手前を右旋回、長岡、奥只見、日光、霞ヶ浦、成田、市原、木更津を経て羽田のコース。

仕事とはいうものの?楽しい空の旅を楽しませていただきました。

200810161506000.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

飛行機は待ってくれないね!

200810151400000.jpg
きょうは敷地調査と役所との打ち合せのために輪島へ出張です。

10時15分発の能登行きの飛行機だったので9時半に羽田第二のロビーでS.UのSさん、Iさんと合流の予定でした。
30分は余裕を持って行こうと7時過ぎに家を出て、ふじみ野駅から電車に乗ったまではよかったのですが、隣の鶴瀬駅に到着すると、ときわ台駅近くの踏み切りで人身事故がり、しばらく運転をみあわせるというアナウンス。
まあ、20~30分もうれば運転開始するだろうとおもっていたのですが、40分たっても50分たっても運転が再開されません。

結局運転再開されたのが1時間後、それからもノロノロ運転で結局池袋に着いたのが9時15分。
なんと、通常は30分ほどでいけるところを1時間55分もかかってしまいました。
池袋から50分で羽田までいけるのか、、、、。

早速遅れる旨、Sさんに伝えるため電話をしたのですが留守電になりつながりません。
ネットの乗り換え案内によると、埼京線で大崎へ行き、山手に乗り換え品川で京急線で京急蒲田へ、そこで空港線で羽田空港駅には10時8分に到着とのこと。
数分だったら待ってくれるということもあると聞いたことがあります。
とりあえず、いくだけ行ってみることに、、、。
その間にもSさんに電話をかけているのですが留守電になってしまいます。困った、困った~。

京急羽田駅に着いたところで事務所のY君から電話があり、Sさんは携帯を忘れてきてしまったのでIさんへ電話をするようにとのこと。
早速そのIさんの番号へ電話をしたところ、飛行機は10時5分で搭乗を締め切ってしまうので午後便でくるようにとのことでした。
ぼくが羽田へ着いたのは10時8分、、、。
飛行機が搭乗口から離れていくじかんだったんでしょうかね~、、、。
これが国際線での旅行のときとかだったらどうなるのでしょうか?
考えただけでゾッ~とします。

Sさんが午後便へ変更してくれていたので、午後便のチケットをもらいにチケットカウンターへ。
午後便は14時15分。約3時間もあります。
そこで近くに住むfに電話をして、昼食を付き合ってもらいました。

今度は早めに搭乗手続きを済ませて、搭乗口へスタンバイです。
すると、搭乗口周辺にお相撲さんがたくさんいます。ざっと30人あまり。
聞くところによると、明日輪島で相撲の地方巡業があるとのこと、相撲はそれほど詳しくありませんがバルトをはじめ見慣れた顔がたくさんありました。
有名力士と同じ飛行機になるうれしさの反面、ちょっと待って、、、こんなに大勢の力士が乗って飛行機は大丈夫なの~?
ちゃんとバランス考えて座席に座ってくださいね~。

飛行機は定刻に羽田を離陸。
早くチェックインしたのでボクは窓際席です。天気もよく眺めは最高。
羽田を出て、大きく右へ旋回、世田谷、三鷹上空を経て、西武ドーム上空を通過。ふじみ野の高層マンションもちゃんとみえました。
それから、秩父の十石峠付近を経て佐久、上田、長野市、糸魚川を経て富山湾へ。
途中、伊東豊雄さんの大田東部休暇村や長野市のMウエーブもみえました。
地理部出身のボクは地形でほぼ場所を特定できます。

能登空港には東の富山湾から進入して着陸です。
羽田から正味35分のフライト、やっぱり飛行機ははや~い。

空港には市役所商工課のTさんが迎えに来てくださいました。
それから文化会館の会議室でSさん、Iさんと合流することができました。

5時過ぎに会議を終えて、6時前には宿へ。
途中の海土町の漁港は日本一漁船密度の高い港なのだそうです。
うん~ん確かにスゴイ密度、ベトナムのハロン湾もすごかったけれど、こっちもかなりスゴイことになってます。

初めての輪島は素朴でとってもいい印象です。

200810151721000.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ダンボールで作る小さなシェルター

きょうは大学の授業の日。

先週出した課題、ダンボールで作る「小さなシェルター」の製作が3限、4限とあり、5限目から講評ということだったのできょうは2時に大学へ。

課題は3×6のダンボールを15枚使用し、各グループごとにテーマを与えられ、そのテーマに沿って、ひとりの人間が立ったり座ったり寝転んだりできる空間を製作するというものです。
それぞれ、難しそうなテーマを与えられたようでしたが、意外にも?!おもしろい作品がたくさん作られていました。

200810141620000.jpg

200810141658000.jpg

今年の2年生はなかなかやってくれますね~。
ボクが特に感心したのは「山の折りたたみ」をテーマにしたグループ。
正方形の形紙から、同心円の部材を切り出し、山折、谷折することによって、大小の空間が出来上がるというもの。
このシェルターで特許も取れるかもって言うくらいよかったです。

もう一つはテーマが「花の咲き誇り」という作品。
これまた花をイメージしたリラックスできる椅子。テーマに沿ったデザインと機能が素晴らしかったです。

仮にボクがこの課題をやったとしたら、ここまで夢のある作品はできなかったかも、、、。

まだ建築の社会で汚されていない、未知の可能性を秘めた若者っていいですね~新鮮です。

講評を終えて、きょうは事務所で打ち合せが入っていたので急いで帰る準備。
そうそう、きょうは4年生のT君のエスキスを見る約束していたのにホント、申し訳なかったです。

7時過ぎ事務所にもどり、Aさんご夫妻と打ち合せがありました。

仕様変更がメインの辛い打ち合せでしたが、Aさんの協力的なお考えに感謝です。

これからが正念場、こちらも頑張らなくては、、、。


なんでそんなにショボイの羽田国際線ターミナルビル

200810130957000.jpg
今朝は6時に家を出て羽田まで見送りにいってきました。
長女Rの連れ合いが中国 蘇州に転勤になり、家族で2年間日本を離れることになったのです。

ぼくは羽田の国際線ターミナルビルには初めていきました。
そのショボさにビックリ!

まず第二ターミナルビルの駐車場にクルマをおいて、係りの人に聞くと、国際線は専用のターミナルビルがあり、無料バスで行ってくださいとのこと。

さっそくバス停をみつけ、国際線ターミナルビルへ。
運転手さんの「国際線ターミナルビルで~す!」というアナウンスで下車。
せまい歩道だけのところにおろされてしまいました。
それから50メートルほど歩くと第1、第2ターミナルビルとはまったくちがう、2階建てくらいのボリュームの質素な建物があり、それが国際線ターミナル。
最近は地方の空港ビルだって、もっと立派なものが多いのに、、、。
こりゃ地方の小都市のJR駅レベルでしょうか。
アジア航路をナメテンノ~っていう感じ。

中の設備もひどい。
まず、ベンチが1ヵ所にしかない、、、それも50席くらいでしょうか。
そして飲食するスペースも小さなコーヒーショップが1ヶ所だけ。
知っていれば第2ターミナルでお茶してきたのにっていう感じでした。
せっかく時間をつくって見送りに来ていただいた、お友達の方々に長時間の立ち話をさせてしまい申し訳ないことをしてしまいました。

まあ国際線仕様でない羽田なので仕方ないことなのかもしれませんが、せめてベンチとカフェくらいは充実させていただきたいものです。

Rを見送って、次女Eと一緒に第2ビルにもどり、最上階のデッキで飛行機を見送ってきました。

Rたちを乗せて飛び立っていく飛行機をみながら、ぼくは一抹の寂しさを感じながら、頑張れよ~とこころでエールを送っていました。

200810131032000.jpg
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。